それぞれの違い

みんなでダイビング

シュノーケリングじゃマスクとシュノーケル、フィンを使用して水中を観察しながら水面を泳ぐことができます。
浮いていることが難しい場合にはライフジャケットなどを使用して行なうシュノーケリングの方法もあります。

素潜りはスキンダイビングと呼ばれることもあり、これは水泳が多少はできなければ難しいです。
ダイビングの指導の間ではスキンダイビングとシュノーケリングは違うような意味で使われることが多いです。

一般的なダイビングとはタンクを背負ってから水中で泳ぐことがメインになります。
この方法では魚をしっかりと観察することができますが、最初に最低限の学科の講習と泳ぎの技術を勉強する必要があります。